プロミスの審査に落ちないためには簡易診断を利用する。

プロミスのようなカードローンで借りたお金は決まった日ごとに返済しますが、できるのであれば一括返済をしても大丈夫です。

この時はそれまでの金利が日割りで計算されますから、合計額の支払いを行います。

支払い回数の残りが多いケースだったら、一度に返す方法を選ぶと余分な金利を支払わなくて済みます。

もし、一括返済ができるなら、借りたお金を返すことを最優先にして、1円でも少ない金利に抑えましょう。

プロミスには無利息期間というものがあります。

初めてプロミスに申し込みする人で、一定の条件を満たしたら、30日間無利息でお金を借りることができるとのこと。

また、審査について不安な場合もあります。プロミスの審査に落ちたらどうしたらいいのか心配なら、プロミスの診断を利用してみるのもおすすめです。

自営業者がカードローンに申し込む際、給与を得ている人とは異なって、一定の稼ぎがあるとは評価しにくいため、借入の希望金額に関係なしに、年間収入を示す書類の提出が必須です。

これは税務署で収受印が押された所得証明書や確定申告書以外に、役所で交付される住民税決定通知書や、課税証明書など、昨年の年収金額がわかる資料が使われるのです。

誰でも1枚持っているクレジットカードには「ショッピング枠」、「キャッシング枠」、「利用限度額」という3つの枠がどのカードにも存在するようです。

使用可能な最高額の範囲内に対しては「ショッピング枠」と「キャッシング枠」が適用されるようですが、私は普段、商品の購入の時にしか使用したことがありません。

頻度は少ないです。

ですから、どのような手順でキャッシングは行えば利用可能になるのでしょうか。

定かではないので急な出費の時のために役立つ知識として知っておきたいです。

プロミスのキャッシングを使って借りたお金を毎月、返していっています。

ところが先月は、銀行口座に入金することを色々あって、忘れてしまっていました。

借りているキャッシング会社の担当者から電話があり、返済についての確認がありました。

あくまでうっかりしていただけでお金がなかったのではないことを一生懸命、説明しました。

忘れていた自分が悪いのですが、遅延損害金を支払う結果になってしまいました。

買い物依存というのでしょうか、クレジットカードでブランド品を買いあさるようなことを続け、次月の支払額が大変なことになっていて仕方なく、使うつもりのなかったプロミスみたいなキャッシングにまで手を出してしまって、買い物分の完済もできていないのにキャッシングのお金の返済まで加わり、生活が成り立たなくなってしまったのです。

このままでは会社にまで知られ、問題になりかねないと退職まで頭をよぎりましたが、両親に猛反対されて退職を思い留まり、両親に援助してもらうことになりました。

数百万円と、実際自分の退職金ぐらいでは返済できないほど膨らんでしまいましたが、貯えていたお金をほとんど使わせてしまうことになりました。

身内という甘えに流されて、返済が滞ることの無いよう、借用書を書いてお金を借りた事実を明文化することで、会社を退職せずに済んだので、返済をしながらでもきちんと暮らしてゆくことが出来ます。

時々、自分の名前がブラックリストに載っているからと、人の名前を借りてプロミスみたいなキャッシングに申し込もうとする人がいますが、犯罪行為ですから絶対に止めましょう。

もちろん、家族の名前を勝手に使うのも、いくら相手が許可してくれても同様です。

自分の名前を使って無理ならば、そういうものだと気持ちを切り替えましょう。

業者はお金の貸し借りのプロです。

そのプロから信用に値しないと判断された為に、審査をパスできないのです。

ご自身に返済能力がないのに他人の名前を使えば、返済の目途が立たずに迷惑をかけるどころか、名義貸しとして相手も罪に問われてしまうでしょう。

いくら親しい間柄であっても、借金があるとは言い出しにくいものです。

プロミスキャッシングが必要だけれども、それを一緒に暮らしている家族や同居人に秘密にしようとするのならば、カードや郵便物が本人宛で郵送されてしまうことを防止する必要があります。

まずはキャッシングカードです。

カードを郵送されずに手に入れるためには、審査に通過した後、自動契約機を使うことで、カードを手に入れられるので、自宅に届く心配はありません。

借入明細書などは、そのままですと自宅に届いてしまいますから、業者に連絡をしましょう。

これで、自宅に郵送されないように対応してもらえます。

業者側も、こうした秘密にしたいニーズがあると分かっているので、不安なくお金を借りられるように、きめ細やかなオプションを付けてくれています。

たとえ周到な返済計画を立てていたとしても、思いもかけないトラブルなどが原因で、返済日を忘れ、ギリギリになって思い出して青ざめたという人も珍しくありません。

仮に滞納してしまうと信用情報に傷が付くので、慌ててしまう気持ちも分かりますが、まずは落ち着いてキャッシング業者に電話しましょう。

その業者によりますが、午前と午後に返済金を引き落とすことがあります。

最終的な引き落とし時間に間に合えば、無事に返済日の引き落としとして処理されるはずです。

もう間に合わないと諦める前に、業者に連絡を取ってください。

プロミスのような消費者金融会社でお金を借りる場合、最大の難関といえば審査に受かるところでしょう。

審査が気にかかる人は大手の消費者金融会社のサイトで利用できる簡易審査をやってみることで不安がかなり軽減できると思います。

かといって、簡易審査をクリアできたからといって、本審査が必ずうまくいくというわけではありません。

どのようなキャッシングサービスに申し込むのであっても、身分証明書は必ず用意してください。

この時、使うことのできる身分証明書は健康保険証、運転免許証といった本人確認が可能なものを指します。

運転免許証のように、顔写真が付いているものなら、それだけで十分ですが、例えば、保険証のようなケースでは、例えば本人宛の郵送物などを共に提出し、本人確認の精度を上げなければならないかもしれません。

中には、郵便物は必要ない業者もあるので、情報をきちんと把握しておいてください。

アイフルやプロミスなどの消費者金融はCMでもよく目にすることが増えました。でも、本当にそんな気軽にお金を借りることができるのでしょうか。お金を借りるには審査があるでしょうし、やはり厳しい審査になるんじゃないかと思っていました。

プロミスの審査の口コミをみると、通ったという人も多いですが、落ちたという人も一定数いるようでした。

お金を借りるには信頼してもらうのがコツなのだそうで、仕事内容や転職とか収入について正しく情報を申請するのも大切なんだそうです。

参考:プロミス審査落ちた?落ちないための注意点【経験者のアドバイス】

でも自分ではプロミスの審査に落ちたらどうしようと思っているような人は、プロミスの簡易診断を受けてみるといいですよ。

今、派遣で働いている人でも、プロミスなどのキャッシングでお金を借りることができます。

正社員のケースと比べると、社会的信用度が低くなるので、融資できる最大限度額が、少し低くなることが多いです。

しかし、安定して定期的な給与を得ている場合は、特に審査で問題視されることはありません。

会社員の在籍確認は勤務先に行われますが、派遣社員のケースは少し違っていて、派遣元か派遣先の職場か、どちらかに行なわれます。

しかし、業者に伝えておけば、希望する方の会社に在籍確認してもらえます。

消費者金融ごとに審査基準は異なりますが、CMをしているようなプロミスのような消費者金融だとそんなに大きな違いはありません。

大差が出てくるのは規模の小さなプロミスのような消費者金融です。

大手の消費者金融と比較して審査基準が厳しいとわざわざ中小のプロミスのような消費者金融から融資を受けるような事はしないでしょう。

借り入れ審査に通らない人というのは、ほとんどが収入のない人です。

自分に稼ぎがあるということが不可欠な条件ですので、その要件をクリアしていない場合には使用できません。

絶対に収入を得てから申込みをした方がいいです。

それから、既に多くの借金があるというケースでも、審査に落ちてしまうでしょう。

キャッシングの利用者が急増している理由は、一番簡単に現金が手に入る方法だからでしょう。

一般的に、担保も保証人も用意する必要はありませんし、審査がすぐに終わるのも嬉しいです。

引き落とし、振込など借入返済方法も多岐に及んでいるので、自由に選べます。

一方で、デメリットもあります。

利便性が高すぎる故に、気付かないうちに借金が膨れあがっていたということも少なくないですから、いくら便利でも、借り過ぎには注意してください。

プロミスのキャッシングを利用していると、急な出費やトラブルが原因で、返済金を使い込んでしまうことがあります。

もし、返済日にお金を用意する目途が全く立っていないというのであれば、返済日の前日までに、業者に連絡を取ってください。

連絡を入れておけば、返済期限を少しだけ先にしてくれるかもしれません。

連絡をすれば、信用情報にも傷がつかないので、絶対に連絡を忘れないようにしましょう。

もちろん、支払日当日になってから慌てて連絡を取ってもそのまま延滞として扱われるとのこと。ですから、間違っても、連絡を後回しにしてしまうことはしないでください。

そもそも、プロミスの審査に落ちないためには簡易診断を利用することを覚えておきましょう。