保険の専門家あやしくないですか?

保険の専門家に相談をする人がどれほどいるかご存知でしょうか。
とあるサイトで見てみると一社だけでも年間十万人を超える利用者がいるとされています。
このことは人々の関心が高いという一方で、仕組みが複雑過ぎて普通の人には理解しにくいことの表れでもあるのではないでしょうか。
会社自体は数多く存在しますが、長年の実績があるほけんの窓口や保険マンモスなどの話が多くあります。
多くはFPさんの質にこだわっていることや、面談の予約等が手軽にできることが魅力的な点だそうです。
保険に関しての話し合いを私のおうちでする際に心配なことに、不十分な提案だからときちんと断れるのか?という点があると思います。
普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当者と合わないときには変更してもらえたりするようなサポートダイヤルなどがあります。
初めての面談では提案のために話を聞くだけというところも多いそうなので、事前連絡などの際まずは相談だけで良いという希望を伝えておくというのもひとつの方法です。
自分の実力に自信を持ったFPさんであれば即決して欲しがることもないでしょうし、問題ないと思うのですね!!いわゆる保険の見直しといえば店舗へ足を運んだりFPさんに訪問してもらったりとほとんどが直に顔を合わせるものですが、中にはより手軽に電話での話合を受け付けているところもあるのだとか。
流れをたどってみますと、フリーダイヤルやネットから電話をかけてもらう時間の予約をし、あとは担当者からの連絡を待つだけらしいのです。
通話料すらかからないそうです。
この方法なら提案が不満なときも話を終わりにしやすいので、顔を合わせるより気楽だと感じる人も多いかもしれません。
たくさんの人に利用されている保険無料相談。
専門的な話をプロとともにすることができるというのに、お金を払わなくて良いとは太っ腹ですよね。
下世話な話ですが、お金が流れる仕組みについて少し調べてみました。
ざっくりまとめると会社やFPさんにお金を支払う大本は保険会社で、それは契約成立時のみ手数料として発生するシステムとなっているようです。
つまりはどれだけ知識が豊富で熱心なFPさんでも契約に至ってようやくお金をもらえることになるわけですが、営業のチャンスであることは確かなので、誰にとっても嬉しいメカニズムと言えそうです。