保険の窓口騙される?紹介されるのは儲かる商品だけって本当?

ネットで少し調べるだけでも、保険無料相談の保険の窓口についてのクチコミが溢れています。

ということはつまりたくさんの人が興味や関心を持っていて、プロに話ができる機会が欲しいと思っているということなのでしょう。

そしてやはり面談自体についても不安があるのだと思います。

特に訪問型の面談は気になる点が多いかと思いますが、重要なチェックポイントはFPさんの知識量や提案、またこちらの希望に沿った提案をするつもりがあるかどうかです。

面談する会社を探すときは、FPさんの質について重点的にチェックしてみると良いと思います。

よくネット広告などで見る保険無料相談の保険の窓口サービスですがなぜ無料で行えるのでしょうか?その答えは、相談者が紹介された保険に加入した際の手数料です。

この仕組みは相談者にとっては、メリットが多いです。

相談者が契約した時に初めて収入が発生するということは、契約してくれなければFPは無料奉仕で赤字状態になるため、保険を紹介するときにわかりやすく説明するなど、紹介の質を高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者のライフプランに合致していて、FP側も説明をよりわかりやすくしてくれるなど良い面ばかりです。

なので、現状のままの方が最良なら別の保険を勧めたりもありません。

皆さんも保険の悩みを気楽に相談してはどうでしょう。

保険は家に次いで多額の出費になると言われています。

見直しをする際も気を付けなくてはなりません。

体験談などからわかるトラブルは予め認識して、しっかりと用意をしておきましょう。

やはり最も不安の大きいところとして勧誘が挙げられるでしょう。

こちらの不安をあおったり、一方的にメリットを押し付けられたりして納得できる提案がないままうやむやに決断させようとしてくるようなパターンです。

希望や要望はきちんと伝えておき何なら少し考える時間をとりましょう。

普通なら担当FPさんを交代することも可能なので、調べておきましょう。

自分でしっかり考えて判断し、無理解のまま流されることのないようにしましょう。

一体どれくらいの人がプロに保険相談をしているのでしょうか。

実績について調べてみるとたった一社でも一年間で十万以上の人と面談をしているそうです。

このことは人々の関心が高いという一方で、仕組みをきっちり理解するにはプロの話を聞く必要があるということの表れかもしれません。

いろいろな会社がありますが、長年の実績があるほけんの窓口や保険マンモスなどの名前がよく挙がっています。

やはりFPさんの知識量や提案力など質が高いことや、面談の予約等が手軽にできることが魅力的な点だそうです。

テレビで保険無料相談の保険の窓口のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは「無料」ではない「有料」の保険相談もあるの?ということです。

調べてみたところ、相談サービスは有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でサービスの違いなどはあるのでしょうか。

無料相談サービスでは、FPは相談者と面談するだけで報酬は発生せず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料という形で報酬が発生しません。

そのため、FPにとって契約時の報酬がの高い保険ばかりを案内してくる人が中にはいます。

逆に、有料相談では、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

例えば、人から何かを勧めらたり推しが強いと断れないという人がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を強引に勧められ、断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなど様々なトラブルにつながる可能性があります。

なので、ここでは断り方・信頼できるFPの見つけ方について書こうと思います。

基本的にはその場で契約手続きをしないで「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って提案するFPならあまり強く引き止めません。

もし強引に引き止めてくるようなFPは信頼できないのでサービス元に連絡をしましょう。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た営業の人の説明や知人の話などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めた結果、月々の料金が厳しい、実はどんな保障が付いているのか覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談の保険の窓口を活用しましょう。

参考:保険の窓口騙される?中立は嘘?【紹介されるのは儲かる商品?】

加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

勇気を出して相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を提案してもらえたという話も多いです。

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、訪問タイプにおいてはFPさんの選択が不可能なので、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

高圧的な物言いなどで断りにくくするような手法をとる人がいるところでは、その後の対応についても不安が残るので一度離れた方が良いかもしれません。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

保険業法第300条への指針として金融庁は「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者に「特別な利益」の提供として換金性の高いギフト券やビール券などの金券類をプレゼントしてはいけないという指針です。

では、お米や牛肉などの商品自体をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品自体のプレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われる香典などの慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当たらないとしています。

しかし、商品プレゼントが一般的な儀礼の金額を超える場合は「特別利益」に当たるとされ、クロともシロとも言えないグレーゾーンと言えます。

無料で保険相談を請け負っている会社のことを、比較検討してくれている情報サイトというものが存在します。

評価を左右する重要点としては、実際に面談を受けられるまでの手続きの手軽さ、取り扱っている商品数の多さ、それから一番重要なのはFPさんについてでしょう。

障害において家の次に高価な買い物とまで言われていますから、満足のいく結果が出るまでじっくり検討を繰り返しながら、「この人なら信頼できる」と思えるような人と今後の人生について話し合えると良いですね。

勇気を出して保険の窓口で保険無料相談をFPにしてみたら保険の変更を案内された。

保険は家の次に高価な買い物と言われています。

そのFPが信頼できると感じてそのまま変更するのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後に別のB社のFPにも相談をして引越しなどをするときの様に相見積もりすることをおすすめします。

その際に頭に入れておいて欲しいのがA社の内容をB社に見せると価格競争を始めてしまう、A社にない提案ばかりしてくる可能性があります。

一番理想的なのはB社に提案内容を見せた時に「この内容でほぼOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できます。

ぜひ、B社のFPに頼みましょう。

提案内容を他社に見せない場合は、単純に提案内容を比べましょう。

豪華な景品プレゼントで相談者を募集している保険無料相談サービスをネット上で見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら景品がもらえると思っていますがそれは間違いです。

多くのサービスでは数回の面談後、アンケート回答などを商品受領の条件にしているサービスが多いです。

別の注意点として、申し込んだからといって必ずしも面談をしてもらえるわけではありません。

特に、中小規模の相談サービスでは、大手サービス会社に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

時折ネット上で見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」という宣伝ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

少し前まではFPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

しかし、時代が変わるとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料で相談ができるようになりました。

保険は家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては保険会社としても是非とも自社の保障に加入して欲しいと考えています。

そこで無料相談窓口が増えたためそこから保険見直し希望者を獲得するために、特典を出してでも保険見直しをしてもらいたいという考えから始まりました。

将来のことを考えて保険を契約しようか考えている方、保険の加入を考えているなら相談サービスを選びましょう。

近所の駅前にあるから、たまたま目に入ったからという選び方もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、webサイトの予約フォームから相談日を決めて、現在の保険内容の確認や保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうで評判が悪そうに思ってしまうのもわかります。

でも安心してください、最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して登録解除を行う、相談者の紹介の優先度を下げているなど様々な対策をしています。

無料で保険に関する話を専門家とできる機会が得られたなら、それを無駄のない時間にできるようにするべきです。

気を付けておきたい見直しポイントとしては、現在の保証内容と一ヶ月の支払額は妥当なのか?加えてそれらが自分のライフスタイルに沿ったものかどうか?です。

実際の面談までに自身のライフスタイルについて考え、また健康診断などの結果を用意しておくと良いでしょう。

するとFPさんもより提案しやすくなり内容も具体的になります。

また肝心なのはどこで面談をするかでもあるので、じっくり検討しましょう。