AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる髪の毛が薄くなる症状のことです

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる髪の毛が薄くなる症状のことです。

薄毛や脱毛は昔から男性が抱える悩みの1つだったようで世間には数多くの養毛剤や育毛剤が氾濫しています。

最近ようやく医療機関で治療を受けられるようになりましたが自己負担診療となりますので、医療費の負担が大きくなるのは否めません。

医療費負担は大きいですが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも薄毛・抜け毛の症状が改善した人はグンと増えました。

ですが、悲しいかなAGA治療とは対処療法となりますので、処方薬の使用を中止すると元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛(副作用の1つ)を起こすことがあります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは薬が自分に合っていないのでは?と心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛というのは薬効がではじめたという事ですので心配したり悲観する事ではなく、喜ぶべき症状なのです。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくるというわけです。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症すると言われミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

AGA治療薬として知られているプロペシアは処方箋がなければ買う事が出来ないので通院する必要があります。

医薬部外品のようにドラッグストアで販売されておらず自由診療なので保険の適用外でした。

近年、プロペシアにもジェネリック医薬品が登場し従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品は日本よりもアメリカなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使って作られる薬の事です。

安全性や有効性は先発医薬品で認められていますからローコスト化が可能になり、従来の2~5割程度で提供できるのです。

AGAは男性ホルモンにより発症するのですが生活習慣や食生活も大きく影響しています。

人の体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体の維持には血流を良くすることが大切です。

髪の毛に欠かせない栄養素も血流によって運ばれますからAGA治療をしている人は血流を改善させることを心がける必要があります。

ストレスなどは血管を収縮させてしまうので薄毛治療には大敵ですが喫煙によるニコチンの摂取は血管を収縮させてしまうため薄毛治療の妨げとなってしまいます。

頭皮が凝り固まっている人は血流を改善するために頭皮マッサージや入浴などが有効です。

AGA治療は保険適用はありませんので治療費は100%自己負担となります。

医薬品のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回の受診で約3000円の費用がかかります。

更に万有製薬の公表価格ではプロペシアが1錠250円ですから診察料と薬代の合計は、1ヶ月で1万円を超える計算になります。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも使われていますから処方箋が無くても買う事ができます。

市販の育毛剤にはミノキシジルを配送している製品もありますが価格も7000円以上とプロペシアなみです。

AGAのコマーシャルに出ていた最初の芸能人は爆問のお二人でした。

「お医者さんに相談だ~」という歌は毛髪の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMのおかげでAGA治療も一般的になりAGAの治療中と公言している芸能人の方も増えましたよね。

最近では、育毛剤のCMに二枚目俳優さんやロックシンガーの方の起用も増えてきたのでAGA治療に踏み出しやすくなったと思います。

最近ではフサフサな芸能人がCMに起用されているので、育毛しなくて良いのでは?と違和感を感じてしまいますが薄毛の人が起用されると、返ってリアルで悲壮感が漂うのかもしれませんね。

インターネットでAGA治療について検索すると画像付きの経過報告をしているブログやSNSを見つけることができますよね。

一般的に治療を開始してから3ヶ月程度で効果が表れ始めるようで定期的に写真を上げてくれているため成果がよくわかります。

中には疑わしいサイトもありますが経過とともに費用や使用している薬品を紹介してくれるサイトもあるので参考になります。

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が副作用として現れる場合があるので、体験談が記載されていると、これから自分の身に降りかかるかもしれないことなので心強いですね。

AGA治療に関するサイトというのは、人気が高いようでそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのでしょう。

AGAは遺伝により発症しますから根本治癒することはありません。

AGAを発症するか否かは個人の体質によって決まる為遺伝子レベルの治療をしない限りは完治しません。

つまり、AGA治療をやめてしまえば脱毛や薄毛は、再び進行してしまうのです。

しかしながら、AGA治療薬のプロペシアやミノキシジルは医薬品なので副作用が心配ですから、一生使い続けるのはやめるべきだと思います。

飲み薬であるプロペシアは肝機能障害などの副作用がありますので子作りなどのタイミングがやめどきだと思います。

日本皮膚科学会がガイドラインで認めたプロペシアにはAGA治療に有効とされる貴重な薬です。

ですが、どんな薬にも副作用があるのでプロペシアを使う前にどのような副作用があるのかを知っておくことが大切です。

プロペシアの副作用で深刻度が高いものといえば肝機能障害ですが肝機能障害については血液検査でチェックできるので使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの検査結果の数値に誤差が生じる場合もあります。

この他にも長期間のプロペシアを服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギーやうつの発症を起こす可能性があります。

AGA治療にはプロペシアという飲み薬やミノキシジルという塗り薬が使われます。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋や指示書を出してもらわなければ入手できません。

ミノキシジル配合の育毛剤は処方箋が不要なので薬剤師がいるドラッグストアで販売されています。

プロペシアと同様にミノキシジルにも飲み薬がありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬はインターネットで買う事ができますが偽物を掴ませられる可能性がありますのでお勧めできません。